2006年08月13日

夏休み3日目。

朝起きたら、母親が
『まるの調子が悪い。吐いた』と言う。
痛み止めが切れてまた歯肉炎が痛いのかと思っていたけど、
母親の心配用がハンパではないので、
『じゃあ、明日病院だけど今日行ってこよう』と言った。

 休日診療で獣医に行った。

 歯肉炎は今回の調子が悪い原因ではなく、
血液検査とウィルス検査を受けた。

 結果。

 腎機能が最悪の数値。
 肝機能も落ちている。
 白血球も最悪の数値に落ちている。
 エイズ検査陽性。

 『入院させて点滴で治療』と獣医さんは言ったが、
金銭的に辛い(1日15,000円)のと、まるが家にいないのが嫌で
勝手だけど通院(毎日)でもいい方法にしてもらって、連れて帰って来た。

 明日、院長先生に診てもらうけど、
『(あまりに数値が酷いから)安楽死』とか言われたらどうしよう。

 親がいるので部屋では泣けず、お風呂に入って泣いた。
posted by まるきち at 21:43| Comment(2) | 愛猫まる腎不全闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まるちゃん、悪い状態になってたんだね。
その事を知った時、私も驚きました。
まるちゃんが、少しでも辛くなく過ごせるよう祈ってます。
まるきちさん、元気出してね。
Posted by ヨシコちゃん at 2006年08月14日 07:49
早起きして病院に行って、院長先生とお話して来たよ。
結局、日帰り入院で預けて、夜引き取りに行くことにしてもらった。
とにかく安楽死とか言われなくてよかった・・・(号泣)。
Posted by まるきち at 2006年08月14日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: